Plez(プレズ)では、楽しくキレイに変わるノウハウ・メソッドを提供しています。
ダイエットはいろいろな情報がありますが、正しいダイエット法を実践すれば、食事も楽しみながらキレイに変えることが出来ます。

よくある情報と違いが大きくて驚かれるかもしれませんね。
Plezで医療関係者やプロのトレーナーに指導をする際にも、「今まで知らなかったので勉強になった 」 と言っていただけているものなので、ご参考になるかと思います。

Plezのノウハウ例-1

NG食品なしで楽しくダイエットしよう!

ダイエットも、ツラいガマンばかりではなく、できれば食事を楽しみたいですよね。
もちろん食事のコントロールは大切ですが、実は、食べる=太るという食べ物はありません。

スイーツ・お酒・揚げ物などダイエットに向かない食品も、量を抑えたり、他の食事をコントロールすれば、ダイエット中に食べることができます。
お酒やスイーツも適度に楽しみながらでも、摂取カロリー<消費カロリーにコントロールすれば、脂肪は落ちていきます。

スイーツやお酒を楽しみに食事コントロールに取り組めば、頑張るモチベーションにもなると思います!

―成功したクライアントさんのダイエット中の実際の食事―

Plezのメソッド・ノウハウ例-2

夜、寝る前に食べても大丈夫!

「遅い時間や寝る前に食べると、食べたものが消費されずに太る」という情報は多いですよね。
確かに、寝る前に食べてカロリーや食事量が増えると、ダイエットにはマイナスです。
ただ、食べるものが同じで、食べる時間が遅くなっただけなら、特に影響はないので大丈夫です。

同じものを、18時→24時と食べる時間が変わったというケースを考えてみましょう。
たしかに、
・18時に食べると、起きている間の活動で消費されやすい
・24時に食べてすぐに寝ると、消費されにくく脂肪になりやすい
ということがあります。
ただ、24時に食べた場合は、18時→24時の間に体脂肪を消費しています。

18時に食べた場合は、食べたものをエネルギーとして分、体脂肪を消費しません。
トータルで見ると、プラスマイナスで特に影響はない形ですね。
カロリーの面から見ても、食べる時間が変わってもトータルの摂取カロリー・消費カロリーは変わらないですよね。

食べる時間はダイエットに影響しないので、Plezのダイエットでは、生活スタイルに合わせて好きな時間に食事をしながらダイエットに取り組めます!

Plezのメソッド・ノウハウ例-3

リバウンドを防いで綺麗な体をキープするには

ダイエットで痩せたらそのスタイルをキープしていきたいですよね。

リバウンドを防ぐには、3つのポイントがあります。

  • 極端な食事制限など、体の負担が大きいダイエット方法だと、基礎代謝が大きく低下して(最大△400~500kcal)しまいます。それを防ぐには、カロリーを抑えすぎない・炭水化物を適度に摂るなど、必要な食事は摂りながらダイエットを進めましょう。
  • ガマンばかりでストレスが大きいと、反動でドカ食いをしてしまうケースもよくあります。ツラいガマン・食事ではなく、食べる内容を変えてしっかり食べたり、ご褒美にスイーツやお酒も適度に楽しみながら、ダイエットに取り組んでいきましょう。
  • ダイエットで体が小さく・軽くなると、少し消費カロリーが落ちてきます。

脂肪を1kg落として減る消費カロリーは1日約20kcalなので、少し食事に気をつける・体を動かせば、リバウンドも防げます。

Plezのメソッド・ノウハウ例-4

食事コントロールで脂肪を燃焼!

「体脂肪は有酸素運動で燃焼する必要がある!」という情報も多いと思います。

もちろん運動で脂肪を燃焼することは効果的です。

一方で、体は、体温を作る・心肺の活動・立つ・歩くなど、日常の活動で脂肪を使っています。

そのため、食事をコントロールすれば、特に有酸素運動をしなくても体脂肪は減っていきます。

有酸素運動が好きであれば、体を動かしてカロリーを消費した分

好きなものを楽しめます。

有酸素が好きじゃない・時間がないなど、難しければ、食事のコントロールで脂肪を落とすことも可能です!

(筋トレも、筋肉を落とさない・メリハリを作るためにオススメです)

― 有酸素運動なしでの成功者 ―



オンラインダイエットでは、Plezのメソッドをあなたに合わせて実践出来ます。

オンラインダイエットの詳細はこちら

無料相談はこちら
入会はこちら